driive guitars

Echoplex EP-1

2015/01/07 Wed

1962年製のレアな、Echoplex EP-1です。すぐには音質等が安定しないので音出しする前に30分ほど作動させてやっとこんな感じです。現存するEP-1は今となっては本当に貴重ですね。



スポンサーサイト

LsL 2014 Winter Namm

2014/02/19 Wed

LsL 2014 Winter Namm

社長のランス氏自ら新製品の紹介をしています。
どのギターも当店ではオーダー可能です。
みなさんのご感想も聞いてみたいです。
どうぞよろしくお願いします~



Kay Jazz Special Bass

2013/12/12 Thu



ボリュームペダルのハイとローについて

2013/11/24 Sun

アーニーボールやBOSSのボリュームなどは、ハイHとローLという感じで機種が分かれていますが
どのように使用するのが正しいか、まとめてみました。どうぞご参考まで。

たとえばBOSS FV50Lと50Hを例に違いと使用方法

Hはハイインピーダンス入力でLはローインピーダンス入力を表してます。
Hはギター等ハイインピーダンス出力のものを直接挿せます。
Lはローインピーダンス出力の機材(シンセ等)に使います。
また、1つの例としてギター→エフェクター→アンプの間にFV-50を繋ぐ場合、
Hはギター→FV-50H→エフェクター→アンプ、
Lはギター→エフェクター→FV-50L→アンプといった様に繋ぎます。



50Hは、「ギターの直後」に接続するペダルです。

これによって、その後ろに続くエフェクターへの
信号の量を調整できます。



50Lは、「エフェクターの後ろ」に接続します。

エフェクターで作った音色をそのままに、音量だけを
調整できるわけです。



違いは上記の通り。

それで
使い分けはというと、Hの場合は歪みモノエフェクターの前に繋ぐことになるので、
ペダルで歪みの
深さを調節することができます。
役割はギターのボリュームと同じになります。
アンプ直
セッティングの時も同じ効果が得られます。



Lはエフェクターの間や後ろに繋ぐことになるので、
歪みはそのままでボリュームを下げられます。

役割はアンプのマスターボリュームと同じになります。



使うべき位置を間違えると音がしょぼくなります。
またアクティブPU(電池のいるギター)の場合は
どこに繋ごうがLを使用してください。


意外と気にしないで使用されている方が多いのではないかと思います。

Acoustasonic™ 150

2012/03/08 Thu

Acoustasonic™ 150



フェンダー・アコースティック・ギター・アンプは、1990年代後期の発表以来、そのクリアかつ立体的な音響によって、音にシビアなアコースティック・ギタリストたちの称賛を得てきました。その最高峰ともいえるアコースティック・アンプが、Acoustasonic 150となって新登場です。

音を作り込める機能性も充実。「VOICING」コントロールによって、parlor / dreadnought / jumbo など多彩なサウンドをシミュレート可能。もちろん、バイパスして元々のサウンド・キャラクターを素直に響かせることもできます。 さらに、エレキギターを併用するプレイヤーの為にBlackface / tweed / British を「VOICE」に用意。

弾き語りもこれ一台で完結する2ch仕様。それぞれに独立したEQとエフェクト・コントロール (reverb, delay, chorus, Vibratone など)、ハウリングを軽減する「FEEDBACK ELIMINATION」スイッチを搭載。さらにINSTチャンネルには、耳障りな高音を調整する「String Dynamics」コントロールが搭載されています。

その他には、XLRラインアウト、デジタルレコーディングに最適なUSBラインアウト、アンプを傾けられるキックバックを装備。それぞれ10.2kgという軽量。

つまり、すべてがこの1台に集約されたアコーステック・ギター・アンプです。
(フェンダーサイトより引用)

このアンプは今まででありそうでなかった、アコギにもそのままエレキにもさらにマイクも対応できる待ちに待ったステージアンプではないでしょうか。
これは良いですよ!
Gallery
プロフィール

Kimoty

Author:Kimoty





Instagram

ビギナーからセレクト系最新メーカー
有名高級ブランド!
ギター&ベースを中心に
オールブランド!
厳選した良質な

新品から中古&最高級なヴィンテージギター&ベースまで
一癖あるチョイス!
委託販売歓迎!!

在庫は少ないですが、
ドラム関連やその他の楽器の
取り扱い,お取り寄せも可能です。


音楽レンタルスタジオ&ライブスペース
トータルプロディースショップ!

徳島一番町"driiveguitars"です。

770-0833
徳島市一番町1丁目9 MONOビル1〜2F
driive guitars
代表:木元洋朗(Kimoty)
Tel & Fax 088-679-8440

ご質問ご相談はこちらからお気軽に!


driiveguitars@gmail.com



1F Live Space,Studio
2F guitar shop & Repair

営業時間です。(2016.4月より変更)

平日11:30~19:30
土日11:30~19:30 
( All Day~StudioOpen 11:30~ 22:30 )
:不定休
一人で営業していますので、不定期で店にいない時間もございます。お休み前にはこちらのBlogにてご報告いたします。できればご来店前にご一報いただけたら幸いです。
driiveguitars@gmail.com
即日即ご対応&ご連絡できます。
地図
専用駐車場はございませんが、店の目の前はパーキングです。(20台)
3,000円以上のお買い物の場合、1時間分の駐車場代まではキャッシュバック致します。(その際は「駐車場に車止めた」と、一言自己申告お願いします〜)

もちろん店頭に無い新品&中古問わず全国のご協力楽器店やメーカーより取り寄せ可能ですので
お気軽にご相談くださいませ。地元徳島のお客様のため誠心誠意込めて対応させていただきます。
どうぞ宜しくお願い致します。

DG


営業許可免許:
古物商許可証
徳島公安委員会許可
第801010001822号

driive bar
徳島県指令東保第45243号






driive guitars ドライブギターズ




driive studio

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
driiveguitrsの訪問者数
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR