driive guitars

Vox Wah-Wah 250.414 1979

2017/04/05 Wed

VoxのWah-Wah(250.414)

今回は古いVoxのワウの年代の特定の方法のお話とPotのオーム数で掛かり方が変わるというお話。

写真のワウはPotのシリアルから、79年製とわかります。使っているコンデンサーや勿論インダクターの種類などで更に正確に年代を確定できる訳ですね。

ただこれからの時代はどんどんオリジナルパーツの個体は減っていくと思いますので、段々と素人目では年式を確定するのは難しくなるのでないでしょうか?

コレクターでない限りはパーツを交換、特にワウの場合はポットを交換することは多いと思います。

今回のこのワウも交換しないとガリは酷く使用できない状態でした。

オリジナルの100kΩのポットでも良かったのですが、今は微妙に150kΩというのもあるので、今回はそのポットを使用してみようと思います。

当店では中古やビンテージ品でもなるべく使用できる状態にリペアや調整後の販売する様にしていますので、ご安心して頂けたら幸いです。ただし、古いビンテージ品などはいつまでも正常に使えないとご理解願います。

楽器もそうですが、車でもそうだと思いますが、その他アンティーク品とかと同じ感覚かと思います。




スポンサーサイト

古いエフェクターの製造年の調べ方

2017/01/29 Sun

国内のBOSSブランドなどのエフェクターならともかく、シリアル等から製造年月日などは、簡単に調べる事は出来ると思いますが、特に資料のない海外製品のヴィンテージ品や、古いジャンク品の製造年月日を調べる時に皆さんはどうやって調べてますか?

私の場合はエフェクターやアンプなら、1番わかりやすいシリアルをPOTを見てはまずは判断する様にしてます。

例えば、こちらの、いかにもレアな古そうなダイナコンプ。基盤以外にもケース内にシリアルらしき番号が有りますが、これがさっぱりメーカーサイトに行っても調べようがなかったりします。
POTと言って1番有名なメーカーはCTSですね。
CTSの製造会社の番号が、137なんですね。
なので、向かって左から、1377903となっていたら、
CTS社製造、1979年第3週目という事になりますね。
第3週目という事は、1月の中旬。
まぁ、当時の流通からして、その時1979年にMXRが本体を製造し終えたのでは無いかと想像出来ます。

POT以外でも、アンプならスピーカーのJensen(番号 220) electro-voice(649)となってますので、色々と探ってみるのも楽しいかも知れませんね。



取り急ぎでしたが、また何かご参考になる様な事思いついたら書いてみる事にします。

少年時代

2016/07/10 Sun

少し自分の回顧録として書きます。

中学生になった。木元少年は初めは駅前の質屋で買った¥3,000のアコギだったが、
作りがボロすぎで、すぐに親にねだりエレキギターを月賦で購入するのだが、
なぜか最初に秋葉原のLaoxで買ったエフェクターは、コンプレッサーでした。
とにかく初めて買うことに舞い上がっていて何でも良かったのかも。
それでも、購入に至るまでは、大変ドキドキしたのをよく覚えてます。

でも当時、わざわざ電車を乗り継ぎ、町田から秋葉原まで行ったのに
自分としては本意で無い、歪み以外のエフェクターを購入してしまうのである。

そう言えば当時は空前の高中正義ブームだったのと、
まだmaxonの方がBOSSより人気があった頃の事です。(79年頃)

ただ、その結果とにかく次に買う時は徹底的に調べてから買おうとか
そんなこともあり段々とマニアックに熱中していったきっかけとなったわけですね。

そして、散々研究して行き着いたのはやはり当時から大好きだった、
ジョニールイス&チャーの機材。それも気になるのは、チャーさんはもちろんでしたが
ギターを始めたばかりというのに、いつも気になるのはいつもなぜかベースのマーちゃんの方だった。
ステージに転がってる真っ黒なコンパクトが2,3個。(人と違うものを興味を示すところは今も変わらず)

そしてコンサートの帰り際、地元町田のS楽器に偶然にも同じエフェクターに出会ってしまったのが、
このネイディーンスと言うマイナーなメーカーのオーバードライブでした。

Nadine's(L.A.ネイディーンズ/椎野總業)のちの、かつてDJ関連機材を主に製造販売していたVestax(ベスタクス)
の初期のペダルエフェクターです。

今でも大切に、たまに音出したり。。

皆さんも思い出のエフェクターとかもちろんあると思います。
そんなお話だけでも是非聞かせてください。そして少しでもお力添えができればと思う今日この頃です。

この続きやら、青春時代の回顧録などまた思い出したら、ちょこちょこ書いていこうと思います。

それでは、皆様のご来店心よりお待ち申し上げます!!


Delay

2011/11/28 Mon

Delayと言っても、テープエコーから始まり、BBD素子を使ったアナログディレイや
音の解像度が半端でないLexconなどのデジタルラックタイプなど千差万別ですね。

ものによってはかなりチープでも使えるものもあるみたいですが
やはりそこら辺は妥協したく無いという皆さんには私も真剣に紳士に
相談を承っております(笑)

昔、楽器店で仕事をしだした頃。
あるカラオケ屋さんだったんですが、どうしてもエコーが納得いかないということで
テープエコーからデジタルものへ脱却できない昔ながらのサウンドを追求されている方がいました。

とはいえ、テープエコーはメンテが大変で非常に壊れやすく、
営業で毎晩使用するほどタフなものではありませんでした。

どうしても、1〜2Uラックから出るデジタルなディレイで調整しても何かが違うというのです。

要するに『簡単に手軽に自分が納得いくサウンドが作れたらそれは自分のサウンドではないんだ』
とおっしゃられるのです。
その方にとって頭の中に流れてるサウンドはいったいなんなんだろうと
とことんテープディレイから真空管のリバーブなどを自分で実際聞いて
くる日もくる日も研究した訳です(日本昔話ではありません。。)

その結果その方の欲しいのは、『ディレイ』ではなくやはり『エコー』だったとわかったんですね。
その当時ですら(15年前)既にデジタルディレイ全盛期に入っていましたので私もいっしょに悩みました。

その頃は今のようにシュミレートしたものなどは技術的にまだむずかしく
相当高価なものをのぞいてほとんどの機材をチェックしたんじゃないでしょうか。

最終的には私の熱意も伝わったのか、エコーという効果に一番近いRolandのあるエフェクターに行き着きました。
型番こそ忘れてしまいましたが、そんな経緯いで私もかなりの知識を得られることが出来たのです。

今となってはその拘りこそがいい思いでありますし、これからも少しでも皆様へお伝え出来ればいいなと思います。

最近発売された商品ではないですが、自分んで購入して大切に保管していたディレイを紹介します。
今から6年ぐらい前に私もアナログ的でデジタルなおかつタップテンポとかそんな機能より上質もの
はないだろうかと探しておりました。

smaart people factory guitar fx pedal/interstate 5 (当時の代理店はゼンブジャパン)

interstate5

これを機会に今月から来月にかけて、特に良質ディレイエフェクターを何台かセール価格にて大放出致しますのでどうぞご来店お待ち申し上げます!



Gallery
プロフィール

Kimoty

Author:Kimoty





Instagram

ビギナーからセレクト系最新メーカー
有名高級ブランド!
ギター&ベースを中心に
オールブランド!
厳選した良質な

新品から中古&最高級なヴィンテージギター&ベースまで
一癖あるチョイス!
委託販売歓迎!!

在庫は少ないですが、
ドラム関連やその他の楽器の
取り扱い,お取り寄せも可能です。


音楽レンタルスタジオ&ライブスペース
トータルプロディースショップ!

徳島一番町"driiveguitars"です。

770-0833
徳島市一番町1丁目9 MONOビル1〜2F
driive guitars
代表:木元洋朗(Kimoty)
Tel & Fax 088-679-8440

ご質問ご相談はこちらからお気軽に!


driiveguitars@gmail.com



1F Live Space,Studio
2F guitar shop & Repair

営業時間です。(2016.4月より変更)

平日11:30~19:30
土日11:30~19:30 
( All Day~StudioOpen 11:30~ 22:30 )
:不定休
一人で営業していますので、不定期で店にいない時間もございます。お休み前にはこちらのBlogにてご報告いたします。できればご来店前にご一報いただけたら幸いです。
driiveguitars@gmail.com
即日即ご対応&ご連絡できます。
地図
専用駐車場はございませんが、店の目の前はパーキングです。(20台)
3,000円以上のお買い物の場合、1時間分の駐車場代まではキャッシュバック致します。(その際は「駐車場に車止めた」と、一言自己申告お願いします〜)

もちろん店頭に無い新品&中古問わず全国のご協力楽器店やメーカーより取り寄せ可能ですので
お気軽にご相談くださいませ。地元徳島のお客様のため誠心誠意込めて対応させていただきます。
どうぞ宜しくお願い致します。

DG


営業許可免許:
古物商許可証
徳島公安委員会許可
第801010001822号

driive bar
徳島県指令東保第45243号






driive guitars ドライブギターズ




driive studio

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
driiveguitrsの訪問者数
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR