driive guitars

2弦の9フレットのハーモニクス

2018/04/16 Mon

この1ヶ月はELKの国産ビンテージトランジスタの研究と改造&レストアと同時に1番に集中して、研究、検証して来たのは、テレキャスターのブリッジとサドルの素材についてです。

最近、個人的には趣味嗜好が変わって、テレキャスターばかり興味がありまして、自分のギター(Fender Mexico 50s Tele 1991)で可能な限り色々パーツを取っ替えてはサウンドやハーモニクスの音の出方、立ち上がり方。サスティーンなどを検証して来ました。

これはあくまでも、私の主観でもありますので、参考程度になれば良いと思い書いたものなので、あくまでも一般的な意見ではないかもしれませんがその点はどうぞお許し下さいませ。

まずはノーマル。
フェンダーUSAのクラシック、ビンテージシリーズなどに使われているものと変わらない、ごく普通で昔からあるブリッジスチールプレートとクロームメッキのスチールサドルです。
コード弾きやブルース系にはバッチリなアメリカンでワイルドなサウンドです。そこそこサスティーンもあって良いのですが、何せスタジオやライブなど音量が大きくなるとハウりやすいのですが、その分歪ませた時などたまらない倍音が出てます。所謂ロック全般向き。



サドルをオールパーツのオクターブ調整が正確に出来るタイプ、それもブラス。
こちらは、サドルの弦の乗っかる部分の面積が多いせいかしっかり正確なチューニングには適しているのですが、なにぶん弾いていて普通な感じ。
要は上品でワイルドさはあまり無いので、個人的にはとにかく❌でした。それにハーモニクスは一番出にくい。最近の中国製のブラスもどき(金色ですがそれはメッキのみで実際はクローム系)は弦が乗るところが溝が掘ってあったりして安心感はありますがこれも今度は音が軽くなって腰も無くなる感じ。まぁ、0.10からのセットの弦なら使えるけど、クリーンはか細い印象でした。(こちらは写真なし)



今回の目玉はニューヨークのHahn Guitarsから取り寄せた、ステンレス削り出し、左右のツバが削られて低くさらに加工されてるブリッジとフェンダーの1958年モデルと同じ素材スチールの非メッキ仕様(Cold Rolled Steel )のサドルの組み合わせです。
やはり、今まで知らなかったのは私も勉強不足でしたが、このステンレスとCold Rolled Steel 恐らく1番クリーントーンとハーモニクスには適していると感じました。そのサドルを試しに定番のブラスにも変えてみましたが、ハーモニクスまで拘るなら断然この58年タイプをお勧めします。




私のサウンドの質として今回何にこだわったかと言うと、2弦の9フレットの出しにくいハーモニクスの音が一番楽に気持ち良く出るか!が基準になりました。

更に嘘だろ、という方もおられるかもしれませんが、錆びたサドルのオクターブ調整のネジが錆びていたのですが、これを新品に替えただけでもサウンドに艶で出ることも分かりました。




たまたま、私自身が興味をもったカントリー系のギタリストのことを研究していくうちにこれだけシンプルでエレキの元祖的なモデルでもこれだけまだ知らないことがあるのだなぁという事だった訳です。

分からないことはこのように身をもって経験しないと中々、文献や資料だけでは分からないものなのですね。、特に最近のSNSなどでは間違った文面も多く見られるので、私もなるべく正確にお伝えしたいですが、また後から気がついたことがや間違いなどがあったら、追記などしていきたいと思います。
スポンサーサイト

ミニギターの新定番 ついに再入荷!

2018/04/04 Wed


写真には無いですが相当おしゃれなギグバック付きです〜


Zebra 再入荷!!

2018/03/13 Tue

春のギター

2018/03/08 Thu

Gibson ES-335 TD 1980

2018/02/28 Wed


本文にはフル交換OKって書いたけど、交換パーツはPOT、
セレクタースイッチと配線類、ジャックなどのパーツ類です。
要は元に戻すんだけど、古いパーツは替えちゃおうということです。

遠距離からのお客様

2018/02/12 Mon

いつもこのblogを見ていただきまことにありがとうございます。
今年になってから、あまり商品のお知らせや入荷情報の記事が極端に少なくなりました。
別に訳があってそのようにしていることでもございませんので、先にお知らせさせていただきます。笑

今年に入ってから、徳島でも5回程、積もるぐらいの雪が降って、とても寒い日々が続いております。
いやいや、まだまだ徳島はこれでも南国なので今日なんかも昼過ぎには
すっかり雪が溶けてまた元の状態に戻ってますね。

ですがちょっとでも雪が積もっていたら、大変な大事で坂道では車が大渋滞したりするんで
まだまだこれから、春になるには1ヶ月ぐらいありますので、当分はは気が緩めませんですね。

もうすでに2月は遠方からのお客様がいらっしゃいました、先月はfacebookを通じて調べてきたという、
なんと、フランスからの自称ミュージシャンやモロッコ出身で日本に在住のエリート会社員の方、

今月はガチで楽器やアンプをお探しでわざわざ、
東京&大阪などからご来店いただき、色々とご購入までしていただきました。

この天候が不安定なこの時期に本当に嬉しくありがたいことです。
私事ですが、こんな冬でも風邪一つひかず頑張れる事ができてるのも、
皆様のご期待を頂いてさらに、お力までもいただいているからなんだと身にしみて感じております。

どうぞ皆様もご自愛いただき何事でも誠意をこめて対応させていただきますので、宜しくお願いいたします。

春よ来い

2018/02/08 Thu

今年は特に全国的に寒波が続いてます。

毎日当たり前のように使用している水道が断水が長く続いていたり、北陸では車の中に48時間も缶詰になったとか、あるお店が500人分の食事を無料で作って差し上げたとか、そんなことに比べたらまだ四国は南国で恵まれていると思う様にしてます。

しかし今年は流石に私も年波勝てず、片道10キロ自転車通勤が辛いですね。向かい風も厳しく、すでに積もった雪が4回目というのは、徳島ではとても珍しい事です。それにしても仕事にもならず毎日お店を閉めざる得ない特に東北北陸の同業者や個人自営の方々には本当に試練の冬ですね。

全国的にも寒さが和らぐのはもう少しかかりそうなので、せめて健康に気を付けて皆さんもお過ごし下さい。

この時期、楽器の見直し、メンテナンス、お手入れなど、ゆっくりご自身でされる方や、当店に直接お持ち頂いてのご相談もお気軽にご相談下さいませ。

当店では迅速で丁寧な対応を心がけて、修理やギター弦の張替えなど、行なっております。
それでは、皆様のご来店心よりお待ち申し上げます。


ピックアップの修理

2018/01/16 Tue

今回は元々のレスポールカスタムに付いていたピックアップ(57クラシック)が、断線の為、今迄使用せずにバーストバッカーをそのまま使用していた方が元に(オリジナル)戻すか、新たにピックアップを購入したほうが良いか、または今付いているバーストバッカーにカバーを付けるとかのアレンジをしたいというご相談から始まった。

一般的には断線したPUは巻き直しをしない限りは元に戻らない為、それなりの費用(巻き直しの工賃、及び作業費用)がかかる為、新品又はネットで安価で中古などゲットして交換してしまうのが殆どのケースかと思います。

でもよく考えて見ると、オリジナルのピックアップはカスタムショップ製の高価なものでないとしても、まさしくそのギターのオリジナルPUだったわけで、一度はたとえ中古で手に入れたギターだったとしても、元のサウンドは一生気になることになると思います。(この方の場合、断線して音が鳴らない状態のオリジナルピックアップを大切に保管してあった)

何が何でも、リワインド、巻き直しする事がおすすめだという事でなく、全ては経験した人だけが分かるその自分のギターとしての存在価値ではないかと思います。

よく自己満足だよね。とか言われる方も多いですが、そこの部分がとてもその方の拘りであり、夢の部分そして、それがギター愛だと思います。

絶対にそれが正解という世界ではないので、このようなご相談は答えがないといえばないのですが、今回はもう一つお考えのピックアップ自体、あまりにもピックアップの音色の違いがあるケースだったので、新しいピックアップをご購入されるより、リワインドして再生させる方法をお勧めしました。

当店では直接修理や巻き直し作業は出来ない為、委託させていただいております。その世界では第一人者の方のお力を借りて見事に治って来ました。

Grining Dog Studio 岸本さま
いつもお世話になってます。

これからもどうぞよろしくお願いします。
ご依頼者さまと岸本さまに感謝を込めて。
この度は本当に有難うございました!







看板?

2018/01/10 Wed

Macの外枠を利用した、手作り看板を頂きました。
少しホラーっぽくて益々入り難くなりそーですが、
心より感謝しております。

取り敢えず、ここじゃなくて、1Fにでも置いておこうかな。。

新年初レッスン!

2018/01/03 Wed

謹賀新年 あけましておめでとうございます!
本年も皆様のご来店心よりお待ち申し上げます!!

1/4は午前中から、2名ほどレッスンがございます。
なのでお店には来てますけど、店舗の商品修理の対応はいつも時間の通り
11:30からとなります。

どうぞ宜しくお願いします!

1/4より通常営業の11:30〜19:30とさせていただきます!!

今年もどうぞよろしくお願いします
Gallery
プロフィール

Kimoty

Author:Kimoty





Instagram

徳島のギター屋さんとして、ビギナーからセレクト系最新メーカー
有名高級ブランド!
ギター&ベースを中心に
オールブランド!
厳選した良質な

新品から中古&最高級なヴィンテージギター&ベースまで
一癖あるチョイス!
委託販売歓迎!!

在庫は少ないですが、
ドラム関連やその他の楽器の
取り扱い,お取り寄せも可能です。


1Fは音楽レンタルスタジオ&ライブスペース
トータルプロディースショップ!

徳島市一番町"driiveguitars"です。

770-0833
徳島市一番町1丁目9 MONOビル 2F
driive guitars
代表:木元洋朗(Kimoty)
Tel & Fax 088-679-8440

ご質問ご相談はこちらからお気軽に!


driiveguitars@gmail.com



1F Live Space,Studio
2F guitar shop & Repair

営業時間です。(2016.4月より変更)

平日11:30~19:30
土日11:30~19:30 
( All Day~StudioOpen 11:30~ 22:30 )
:不定休
一人で営業していますので、不定期で店にいない時間もございます。お休み前にはこちらのBlogにてご報告いたします。できればご来店前にご一報いただけたら幸いです。
driiveguitars@gmail.com
即日即ご対応&ご連絡できます。
地図
専用駐車場はございませんが、店の目の前はパーキングです。(20台)
3,000円以上のお買い物の場合、1時間分の駐車場代まではキャッシュバック致します。(その際は「駐車場に車止めた」と、一言自己申告お願いします〜)

もちろん店頭に無い新品&中古問わず全国のご協力楽器店やメーカーより取り寄せ可能ですので
お気軽にご相談くださいませ。地元徳島のお客様のため誠心誠意込めて対応させていただきます。
どうぞ宜しくお願い致します。

DG


営業許可免許:
古物商許可証
徳島公安委員会許可
第801010001822号

driive bar
徳島県指令東保第45243号






driive guitars ドライブギターズ




driive studio

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
driiveguitrsの訪問者数
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR